bok

IDPro Body of Knowledgeの日本語訳を載せていきます

View on GitHub

編集部注

ヘザー・フラナガン、IDProプリンシパルエディター

2020年 IDPro

この記事を書いている間に、今週は「Identiverse 2020」が開幕しました。おそらくセッションそのものよりも楽しいのは、各セッションの後に行われる会話で、時にはTwitterで、時にはSlackチャンネルで行われます。それは素晴らしいことですが、それが「知識の体系」とどのように関係しているのでしょうか?なぜなら、これらの会話のいくつかで、私は「これはBody of Knowledgeに載せるべきだ!」と言っているのを見たからです。

その通りです。これはすべて IDPro 知識体系の中にあるべきです。私たちID実務家は、共有したいと思うほど多くの知識を持っています。Identiverseが毎年素晴らしいのと同様に、私たちはその場しのぎのセッションを、専門的な開発のあらゆる段階で実務家に情報を提供する具体的な資料に変える方法を考える必要があります。

BoK第2号では、専門家が用語や実践について共通の理解を得られるように、より多くの情報を追加しています。まず、Pamela Dingle氏の『アイデンティティ入門 - 第2部:アクセス管理』を参考に、アクセス管理がアイデンティティの初期の頃からどのように進化してきたかを簡単にレビューします。さらに、アンドレ・クートによる「アクセス制御入門」でアクセスのテーマを続けます。デジタル・アイデンティティに関する会話は、必然的にプライバシーに関する議論につながるので、BoKのプライバシーの話題は、Clare Nelson氏の「Consumerersのためのプライバシーとコンプライアンス入門」という非常に興味深い読み物からスタートします。

規格の世界に興味がある方のために、ISO/IEC 27460 “IT Security and Privacy - A framework for identity management “のパート2とパート3のレビューを提供します。また、IAMアーキテクチャに関心があるのであれば、Andrew Cameron氏とGraham Williamson氏による “Introduction to IAM Architecture “は、このテーマにしっかりとした基礎を提供してくれます。

IAMの分野は、私たちがすることに対して非常に多くの需要があるところにあります - すべてがオンラインで移動しており、リモート参加は例外ではなく当たり前です。私たちは、共通の言語を持ち、アーキテクチャ、標準、ポリシーの原動力となるユースケースを理解する必要があります。私たちの知識を文書化して、業界の将来について戦略的な意思決定ができるようにしようではありませんか。

BoKの著者とレビュアーに感謝の意を表します。

ヘザー・フラナガン

IDPro編集長